FC2ブログ

★ Calendar
★ Profile

shully☆mom
shully☆mom

手作り大好き☆お店のあの味を再現したくなっちゃう!細かいことは苦手で大まかレシピで作っちゃう!基本のごはんを中心にお店の味をなんちゃってで再現したレシピを公開しています。
パパと5歳の娘のしゅりたんの3人家族
まだまだ主婦7年目に突入のやや初心者ママ
しゅりたんの小物を中心にちくちくソーイングもしています

コメ残して頂けると励みになります(^^)

★ mixiにも遊びに来てください
★ Categories Archives
★ 最新記事
★ 最新コメント
★ 月別アーカイブ
★ message to shully☆mom

名前:
メール:
件名:
本文:

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ミャンマー風☆豚肉とブロッコリーのスープ

こんにちは
 
いつも「基本のごはん」へご訪問ありがとうございます
 
 
今月からミャンマー料理を教えて頂いているしゅりまむです
 
ミャンマー料理の中では必ずと言っていいほど出てくるものがあるんですが
 
その中にターメリック(うこん)があります
 
うこん=肝臓によいというイメージしかなかったんですが、生理痛を緩和したりと婦人系症状にもいいそうです
 
ターメリックで正直香りがあまり好きではなかったんですが、
 
教えて頂いたミャンマーのお料理ではしっかりと炒めるのであまり感じません 
 
 
今回は教えて頂いたスープをしゅりまむ流にアレンジしてみました
 
鶏ガラスープの素不要、化学調味料なしの健康スープです
 
 
 
材料(2人分)
  • 玉ねぎ 1個
  • ネギ 1/2本
  • ブロッコリー 1/4株
  • 豚肩ロース肉 50g
  • にんにく 1かけ
  • ターメリック 小さじ1/2
  • ケチャップ 大さじ2
  • 白だし 大さじ1
  • 塩 適量 
  
 作 り 方  
  1. 玉ねぎとねぎ・にんにくをみじん切りにする
    ブロッコリーは茹でて適当な大きさにしておく
    豚肩ロース肉は細かく切っておく
     
  2. フライパンに油 大さじ1(分量外)を入れ熱し、玉ねぎ・ネギ・にんにくを炒める
     
  3. 2にターメリックを加え、更にきつね色になるまでしっかりと炒める(15分以上)
     
  4. 3に豚肉を加え、炒める
     
  5. 鍋に4を移し、水を500cc加えて沸騰させる、沸騰したらケチャップ・白だしを加え、煮込むようにする
     
  6. 食べる直前になったら、ブロッコリーを加え、塩で味を調える
     
ミャンマー風☆豚肉とブロッコリーのスープ 

 
本当はナンプラーを使うんだけど、引っ越し前で買うことができないので、しゅりまむ流にアレンジしました
 
白だしも魚だしと醤油が入っているし、しょっつるの入っているものもあるので
 
ナンプラーがマイルドになった感じなので、結構再現されているかと思います
 
 
ミャンマー料理も、しっかりと玉ねぎを炒めるのが基本
 
それに、ターメリック・にんにく・トマト・ナンプラーが必ず入ります
 
どんな料理でも同じ味なの?と思われるかと思いますが、それが全然違う料理!!
 
日本では、醤油・酒・みりん・さとうを必ず使うのと同じ感覚なのだと思います
 
  
 
ブログに参加しています
↓↓よろしかったらポチっとお願いします

スポンサーサイト

テーマ : 料理
ジャンル : 趣味・実用

tag : レシピ ミャンマー料理 豚肉

コメント

Secret

No title

へぇ~~~っ。。。☆v-405

。。なるほど、日本では、醤油・酒・みりん・砂糖使うのと同じ感覚。。。。なるほど!!って感じです!!

実は私もターメリックは苦手。。というか、使いこなせない(笑)

世界のお料理、イイですね!!

しゅりまむちゃんが食べやすいような材料を教えてくれるので、トライしやすいと思います☆

。。。応援!!

とっすぃぃぃさんへ

日本人にはなかなかターメリックってなじめませんよねe-330
「うこん」と聞くと「薬」をイメージしてしまうので
お料理となると敬遠してしまいますe-350

私も今まで使わなかった材料の使いかたを勉強できるので
受講する前に思っていたよりも収穫の多いお料理教室になっていますe-420

★ RSSリンクの表示
★ お気に入りLink
★ ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

★ QRコード
QR
★ 気になるキーワードをチェック!

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。